長茎術とはどのような施術?クリニックで治療すると料金はいくら掛かるのか

長茎術には、患者が満足できるいくつかの治療法が提案されています。
陰茎の長さに不安を感じている人や、どれくらい治療で改善できるかに不安を感じる人も少なくありません。
一般的に、これらの疑問はクリニックに行けばほとんど解消されます。
特に、長茎術は手術内容に応じて料金プランが明白です。
全く異なる観点から長茎術を施していくことになるため、それに応じた予算を立てやすい傾向があります。
もちろん、患者の体質に合わせたものがベストに違いありません。
予算の関係上で安いものを選択したいと考えている場合には、これらの基準をまずは覚えていくことが大切です。

まずは無料相談から始めよう

長茎術の平均的な料金は、15万円以上から40万円近くまで幅広いです。
ただ長茎術のメリットは、無料のカウンセリングから始められるサービスがある点です。
一般的に、陰茎の状態を客観的に判断することは素人には難しいです。
実際に、本人の目線から長さを確認することと、具体的に長さを測って対策を行うことは全く基準が異なります。
患者本人が問題ないと考えていても、陰茎周辺の状態を改善しないと治療を施すことが難しいケースも考えられるからです。
現実的にも、クリニックではそういった状態に対する治療手段も準備していますので、まずは無料で始められるカウンセリングから始めることが無難です。
そこから、本格的に治療計画を進めていくこともできます。
長茎術では、患者の状態を確認してから治療プランを考えるのが基本です。
これは、一律に治療法を提案することが困難だからです。
例えば、想定以上に陰茎が脂肪の中に入ってしまっている場合には、それを物理的に引き出さないと長さを調整することができないケースも存在します。
元々、陰茎の形や包皮の状態は先天的な性質で決まることが大半で、後天的に改善することは難しいです。
そのため、状況を把握して正しい選択をするためにもなるべく料金がかからないカウンセリングから始めた方が無難です。

術式で大きく異なる料金プラン

長茎術は、利用する術式で料金プランが全く違います。
その中でも、大きく分けると2つの種類に分けることが可能です。
それぞれ、メスを使って切る方法とそうではないものです。
一般的には、メスを使わない方法を用いた方が料金は安くなるため、こちらの手段が人気です。
メスを使わない手段では、脂肪の中から陰茎を引き出す方法が主流です。
陰茎が短い原因はいくつかありますが、その中には体内に埋もれてしまって物理的な長さが短くなっているケースが存在します。
特に、下腹部に脂肪が大量に付いているケースではこの傾向が強く、この埋もれている部分を引き出すことによって長くできます。
上手くいけば8cmは長くすることができるので、大きな改善になります。
平均的な料金では20万円前後でリーズナブルな価格といえます。
一方で、切る術式を採用する場合には30万円以上の費用が必要になることも珍しくありません。
これは、アフターケアがより重要になるからです。
切る術式では、下腹部の内部に埋まっている陰茎を切り離す必要があります。
状態が酷いときには、恥骨と癒着している部分を切り離すことになるため、文字通りメスを入れることになります。
そのため、ケアの分を考えても料金は高く設定されます。

事前に料金を支払うシステムが確実

クリニックの料金プランで不安を感じたくない人は、手術を始める前に料金を支払うシステムを採用しているところに相談することが賢明です。
実例として、長茎術を受けるときにはクリニックとトラブルになることもあります。
このほとんどの原因が、追加的に費用を請求されることにあります。
長茎術には様々な種類が存在し、患者の状況に応じてオプションが勝手に付けられるケースも目立ちます。
このときに、事前に取り決めを行っていないケースでは追加的に料金が膨れ上がるので、気づいたときには破格の費用になっている可能性も存在します。
一方で、良心的なクリニックではカウンセリングを受けて長兄術の方向性が決まった段階で費用を決めて支払うことになります。
つまり、それ以上の料金を請求しないというシステムです。
顧客の方からまずお金を出すことによって、初めて治療を進めていくことになるため確実な方法です。
しかも、こういったシステムを採用している医療施設ではアフターケアに関する取り決めもその時点で行えます。
具体的なインフォームドコンセントを実施することで、患者がより安心して治療を受けられるように工夫をしているので安心できます。

まとめ

長茎術の料金は、術式で決めるのが大半です。
患者の状態が比較的良好であるのならば、治療を行う際に切る必要がないので料金は安くできます。
一方で、脂肪の量が多く物理的な癒着を改善しない限り解消できないケースも存在します。
その場合は、切る選択肢になるためケアのことを考慮しても料金は高くなりがちです。
ただ、こういった料金プランが決まった後にそれ以上の負担を強いないようにすることは十分に可能です。
治療を始める前に詳細な取り決めを行い、料金の支払いを済ませておけば追加的な請求もなくアフターケアも万全に治療を進められます。