長茎術は切らずに行える?料金相場とは

切らない長茎術のメリット

長茎術というとメスを入れる方法が有名ですが、埋没陰茎牽引固定法なら切らずに行うことが可能です。
ペニスは体内に埋もれている部分がかなりあり、下腹部に脂肪がたくさんついているタイプの人は更に多く埋もれています。
埋没陰茎牽引固定法を行うことで、この部分を引き出して長くすることができますので、メスを入れることに抵抗のある人にお勧めです。
この方法は長茎術の中でも痛みが無く傷跡が残らない方法であり、しっかりとした技術のあるクリニックで受ければ元に戻ることもありません。
安全にペニスを長くできる方法として注目されています。
実際にどれくらい長くできるのかを事前に確認できますので、この長茎術に興味を持ったらクリニックに出向いてカウンセリングを受けてみましょう。
無料のカウンセリングを受けて納得のいく結果が得られそうなら、この方法での長茎術を受けるという流れになります。
料金も切る方法よりもリーゾナブルです。

埋没陰茎牽引固定法の相場

切らない長茎術として人気の高い埋没陰茎牽引固定法の料金を確認すると、十万円台後半から受けられます。
これはもっとも安い価格帯であり、相場は20万円台前半となっています。
この相場とかけ離れた金額を設定している場合には、利用する前に本当に信頼できるクリニックなのかをよく考えなければなりません。
高すぎる場合には技術力に見合っていない料金が設定されている可能性がありますし、安すぎる場合にもノウハウに問題があることが懸念されます。
長茎術は料金だけで選ぶことができず、やはり安全性を考えてスキルやノウハウを持つクリニックで受けなければなりません。

大手のクリニックでは高額になるかというと、そうでもありません。
料金はそれぞれのクリニックで設定されたものであり、選ぶところによって差があるのも事実です。
まずは相場を知らないと適正範囲かどうかも分かりませんので、最初に相場を確認してからクリニックを絞り込みましょう。

まとめ

長茎術はメスを入れる方法が有名ですが、中にはメスを入れない埋没陰茎牽引固定法のような方法もあります。
安全性に優れ、痛みが無く傷跡が残らない方法です。
この方法を選ぶ場合の料金ですが、安価なところでは10万円台後半で受けることができます。
相場を考えても20万円台前半となっていますので、やはり切る長茎術と比較するとリーゾナブルです。
クリニックによっても価格設定が異なるため、まずは相場を調べて比較をしながら絞り込むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。